您好!中国

なすこの中国生活

石の上にも三年?

こんにちは、なすこです!

人材コンサルタントとして勤務していると、転職回数が多い人にも出会います。

もちろん、そういった方は書類選考の通過率が低い、もしくは必ず転職回数が多い理由を聞かれます。

 

実は私も転職回数が多い、というより短期の派遣を繰り返していたため、ひとつの会社で長く勤務したことがありません。

 

そのことを、とある会社経営者に相談いたしました。

 

そしたら

「僕なんて20回以上転職しているよ」とおっしゃっていました。

彼は確かにもう定年を超えている年齢ではありますが、むしろ彼の20代なんてそれこそ「石の上にも三年」「一つの会社で長く働くことが美」とされていた時代だったんじゃないでしょうか。

 

もう一人の人に相談したら

「もし会社を辞めたいならこう考えてみよう。あなたが辞めれば会社ももっとふさわしい人を見つけられる。あなたももっと自分に合った会社を見つけられる。それこそお互いにWIN-WINじゃないかな」と。

 

本当にその通りだと思います。自分を正当化しているといえばそれまでもかもしれませんが、私は「石の上にも三年」という言葉は本当にその道に進みたい方(プロのスポーツ選手やアイドル)尚且つ失敗しても次の道が保証されている方のみに向けられた言葉なのではないかと思います。

 

経営者は業績が悪化したときに、早く撤退する勇気が必要だといいます。

赤字ばかりが増えていくのに「もう少し頑張ってみよう」と撤退を先延ばしにしていると借金はどんどん増えていくばかりです。

 

それなら早めに撤退し、新たにスタートするほうがよっぽどいい。

 

転職だって人生だってそう。あなたに合わない会社、成長が見えない会社で長くやっていく意義はありますか?

人の時間は限られています。早めに”撤退”する勇気を持ちましょう!